古本、中古OA機器、中古家具、中古車、古着販売、リサイクルショップ、中古品販売、ネットオークション、フリーマーケットなど古物商開業をお考えの方へ。

古物営業許可申請マニュアル

あなたは古物営業できる?

古物営業とは?

「古物」とは、一度使用された物品や、新品でも使用のために取引された物品、及びこれらのものに手入れをした物品のことです。

古物は、古物営業法施工規則により、以下の13品目に別れています。

  1. 美術品類
  2. 衣類
  3. 時計・宝飾
  4. 自動車
  5. 自動二輪車及び原動機付自転車
  6. 自転車類
  7. 写真機類
  8. 事務機器類
  9. 機械工具類
  10. 道具類
  11. 皮革・ゴム製品類
  12. 書籍
  13. 金券類

上記古物を取り扱い、営業するためには、都道府県公安委員会の許可を受けなければいけません。
公安委員会から許可を得て、古物営業する者を『古物商』と言います。

古物商の許可を受けられない場合

それでは、古物商の許可を申請するにあたって、まず、許可を受けることが出来るかどうかの確認をしましょう。

次に該当する方は、古物営業許可を受けることができません。

  • 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ていない者
  • 禁固以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処され、5年を経過しない者(背任罪、遺失物横領罪、盗品等運搬罪など)
  • 住所の定まらない者
  • 古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者
  • 営業に関して、成年者と同一の能力を有しない未成年者

スポンサードリンク


古物営業許可申請マップサービス案内


専門家PICKUP

田中行政書士事務所

田中 利英
田中行政書士事務所
(新宿区)

田中行政書士事務所の詳細を見る


古物営業許可申請の専門家の皆様へ

古物営業許可申請全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク


古物営業許可申請マップリニューアル!この度HPを一新しました!より使いやすく、より便利に!これからも当マップをよろしくお願いします! 2009.06.24