古本、中古OA機器、中古家具、中古車、古着販売、リサイクルショップ、中古品販売、ネットオークション、フリーマーケットなど古物商開業をお考えの方へ。

古物営業許可申請マニュアル

古物営業許可に関するQ&A

自分で使用していたものをフリーマーケットで販売する場合は、許可が必要ですか?

自分で使用していたものや、自分で使用するために買ったが、使用しなかったものを売却するだけであれば許可は必要ありません。但し、転売することが目的で購入している場合は許可が必要です。

無償で頂いたものを販売する場合も許可が必要ですか?

全くの無償で頂いた物や引き取ったものを販売する場合には許可は必要ありません。

下取りする場合は許可が必要ですか?

下取りがサービスの一環として下取り価格一律幾らと決まっている場合は許可は必要ありません。
但し、下取り品によって値段に差がでたりする場合は買い取りにあたりますので、許可が必要になります。

個人で許可を取得していますが、法人にする場合は別の許可が必要ですか?

個人の許可で法人として営業することは出来ませんので、個人の許可を返納し、法人として許可を取り直す必要がございます。

古物の種類によって許可は違うのでしょうか?

古物の種類によって分けられているわけではございません。許可を申請する際に、取り扱う品目を全て申請します。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」とは?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件はたった2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

スポンサードリンク


古物営業許可申請マップサービス案内


専門家PICKUP

和田行政書士事務所

和田 哲治
和田行政書士事務所
(大分)

和田行政書士事務所の詳細を見る


古物営業許可申請の専門家の皆様へ

古物営業許可申請全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク


古物営業許可申請マップリニューアル!この度HPを一新しました!より使いやすく、より便利に!これからも当マップをよろしくお願いします! 2009.06.24